家づくり(安・住・処)

家づくりの疑問や不安を解消する頼もしい味方、それが住宅性能表示サービスです。

住宅性能表示とは?

建物の完成してからでは見えない部分や、住まい手が分からない専門分野などを、全国で統一された等級(数値) によって分かりやすく表示して、第三者機関が、その数値通りにちゃんと施工しているかを検査し、合格すれば 国が住まいの鑑定書を発行する制度です。
これにより、住宅品質確保法にもとづいて、国土交通大臣および内閣総理大臣が定めた共通の基準にのっとって 第三者機関が評価や検査を行い、住宅性能評価書が交付されます。

大きく10項目の性能について評価表示します。

住宅性能表示サービスがあれば、安心・納得できます。

参考例 第3者機関評価一覧表(各戸別住宅の性能を表示しているものではございません。)

住宅性能表示のメリット

1.円滑、迅速で、専門的な紛争処理が受けられる。

万が一、建設住宅性能評価書が交付された住宅でトラブルが発生した場合、国土交通大臣が指定する「指定住宅紛争処理期間(各地の弁護士会)」に紛争処理を申請することが出来る様になります。

2. 住宅性能評価を受けた住宅は地震保険料の優遇。

地震保険料は、耐震性能の等級に応じて割引が受けられます。

3. 住宅かし保険の加入や長期優良住宅の認定手続きがスムーズに行えます。

住宅性能評価書を取得した住宅は、住宅かし保険加入のための検査や長期優良住宅の認定手続きで、一部省略できるなど、スムーズに行える場合があります。

4. フラット35の手続きが簡単に。

住宅性能評価書を取得した住宅は、フラット35を利用する場合、手続きが簡単にになる場合があります。優遇の条件や内容はそれぞれの金融機関により異なります。

住宅性能表示に関するよくある質問

Q1

どのメーカーも高性能っていうけれど、何を基準にいっているのかしら?


A1

住宅の性能が、電気製品のようにわかります。

例えばエアコンは冷暖房能力や消費電力などが表示されているので、部屋の広さに合った性能のものが選べます。住まいについても国が定めた性能表示の基準があり、そのほとんどが等級や数値でランク付けされています。この性能表示を基準にすれば、メーカーや工法にかかわらず住宅の性能を比較検討できます。


Q2

自分の希望はちゃんと実現してくれるの?


A2

希望どおりの品質かどうかを確認できます。

建てる前に施工業者と性能ランクを取り決めることができます。例えば音はあまり気にならないので防音性能はそれほど高くなくていいから経済性を重視して断熱性能を高めたい...というように求める性能が自由に選べます。住みはじめてから「こんなはずではなかった」といった後悔をしません。


Q3

見えないところも、ちゃんと工事してくれているのかな?


A3

工事の過程で検査するので安心です。

国土交通省大臣等の登録を受けた評価機関で建築士の資格を持つプロ(評価員)が、第三者の立場でチェックします。設計評価はもちろんのこと、工事の過程でも現場検査を4回に渡って実施しますので、手続きなどにまつわる不安を解消します。


Q4

もしも施工業者とトラブルが起きたら?裁判になると、費用もかかるんでしょう?


A4

万一のトラブルもわずかな費用で解決。

万一トラブルが生じた場合、国の指定住宅紛争処理機関が対応。 わずかな負担(1万円)でスピーディに解決できるので安心です。
(建設住宅性能評価書が交付された住宅に限ります)


Q3

建物って、年月が経てば価値がなくなってしまうんでしょ?


A3

資産価値の維持にも役立ち、転売の時にも有利です。

法律に基づく性能評価なので、資産価値の維持にも役立ちます。将来、転売することがあった場合でも有利に進めることができます。


PICK UP

  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • 店舗情報
  • 協力業者の皆様へ
  • 学生の皆様へ(採用情報)
  • 増木の生い立ち
  • スタッフブログ

PAGETOP