家づくり(安・住・処)

震災から学んだ新発想の住宅工法。Panasonic耐震住宅工法 テクノストラクチャー 増木工業の住まいは、耐震性と間取りの自由度を実現した木造住宅。

建ててから強度試験を行うことが難しい住宅。
全棟で構造計算を実施するテクノストラクチャーなら、
住まいに災害のダメージを与えた場合、どこに大きな負担が
かかるかを設計段階で厳しくチェックできます。少しでも弱点
となりそうな箇所が見つかったら、部材を追加・変更したりバ
ランスを変えるなどして設計を強化。綿密なチェック項目数は
なんと311にまで及び、テクノストラクチャーの構造設計システム
ならではの、徹底した耐震設計が実現しています。

建てる前に実施する災害 シュミレーション 地震・台風に負けない高耐震住宅設計完了
強さのヒミツ1 木材と鉄骨のオリジナル複合梁 テクノビームを使用しています。
集成材 軽量H形銅 テクノビーム

テクノストラクチャーでは木材と鉄骨の複合梁「テクノビーム」を使用し、軽量H形鋼を芯材に上下を木(集成材)で挟んだサンドイッチ構造により木造住宅の梁の強度と信頼性を高めています。

テクノビームはたわみにも強い 住宅の重み 住宅の重み 木製梁 引き戸の開閉がしにくくなったり、建物のゆがみに発展することがあります。 テクノビーム 時間がたっても引き戸の開閉はスムーズで、構造体の精度も保たれます。 さらに耐震の衝撃に耐えるオリジナル接合金具使用

高強度な住宅を実現するオリジナル接合金具を使用。特に集成材柱とテクノビームを接合する「ドリフトピン接合」は、一般的な木造住宅の接合部の3倍もの強度を実現します。

  • 大引金具
  • ビス止め筋かい金具
  • ドリフトピン
  • かね金具
強さのヒミツ2 全棟で行う災害シミュレーション自動躯体システム
  • 実大振動実験の様子
  • 構造計算で事前検証

お客様の家を実際に建てる前に、コンピューターで、地震や台風の力を再現し、その力に耐えうる住まいかどうかを検証するシステムです。

300以上の検証項目を設けて、構造強度を徹底的に検証します。さらに、お客様にお引き渡しされる住まいには、すべての項目をクリアしたことを証明する「構造計画書」をお付けしています。

全棟構造計算書付
住宅性能表示 耐震等級3 最高ランク
性能表示制度とは
性能表示制度とは安心で良質な住宅の普及を目的に、住まいの性能を国が定めた共通の基準で評価する任意の制度です。この制度により、工法や材料の事なる住宅でも簡単に性能を比較することができます。
建設現場でも厳しいチェックを
panasonicの専門の検査員がさらに現場でしっかりチェック。構造体の施工状況を専門家の目で検査します。
住宅性能表示について詳しくはこちら
強さのヒミツ3 建物の強度を確保 最高等級の性能を支える確かな性能

壁内結露対策

テクノストラクチャーでは、外壁材と透湿防水シートの間に18mm通気層を確保。室内から侵入して壁体内にたまる湿気を、通気層から排出し壁体内結露を防いでいます。だから結露が原因で起こる建物の劣化を防ぎ、高い耐久性を維持できるのです。

柱 通気胴緑 石膏ボート 室内からの空気 断熱材 通気層の空気の流れ 透湿防水シート 外装材

高い基礎強度

高い基礎強度テクノストラクチャーでは、地震の地耐力に応じて基礎の形状や仕様が決定し、基礎の配置に応じて鉄筋の配置や寸法を決定しています。

自重だけでなく地震などの水平荷重に対して、最適な鉄筋が配置されているかなど、幅広くチェックし、基礎の強度を確保しています。

一般木造住宅 根太掛け仕様(12mm合板) 床倍率1倍 根太 テクノビーム剛床仕様(28mm合板・根太なし) 床倍率2.2倍

剛床仕様

梁の上に根太を乗せる形となる転ばし根太と異なり、テクノビームの上に28mmの構造用合板を直接施工。

床板と梁がより強固に一体化し、高強度を実現します。

30秒でわかるテクノストラクチャー

下記コンテンツは、パナソニック電工テクノストラクチャー株式会社のページにリンクしています。
http://group.panasonic-denko.co.jp/pewjtst/techno/movie/

PICK UP

  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • 店舗情報
  • 協力業者の皆様へ
  • 学生の皆様へ(採用情報)
  • 増木の生い立ち
  • スタッフブログ

PAGETOP