ブログ/朝霞営業所/

キャブレター

キャブレター

2018.11.05

どうもみつおです。

 

だんだん気温が下がりはじめましたが、まだ家では裸足に短パンTシャツのみつおですが、もう少しいけそうです。

 

ブログにするようなネタがまったく無い為、またまた好きな人意外にはわからないマニアックなバイクネタですいません。

みつおの趣味であり、通勤の足でもあるバイクは、なるべく自分で整備ができるように単純な造りの約13年前のバイクです。

なぜ13年も前のバイクなのかというと、最近はバイクでも当たり前のインジェクション車ではなく、キャブレター車がほしく、インジェクションに変わる前のキャブレター最終型を中古で買った為です。インジェクションもキャブレターもガソリンと空気を混合させる為の装置であることに変わりはないのですが、インジェクションはインジェクターと呼ばれる霧吹き機の先端のような物が付き、コンピューターでアクセル開閉度・回転数気温・気圧・エンジン温度などを各種センサーで感知して、燃料を噴射するという何ともハイテクなシステムで、弄る為には専用の機器を使い書き換えるそうです。気候にも左右されず、始動性も良く、燃費も良く、良い事づくめなようですが、みつおにとって第一は乗っていて楽しい事、自分で整備、カスタムができる事、季節の変化を肌で感じられる事、味がある事が全てなので、アナログ式のキャブレター車をあえて選びました。 と

キャブレターは電源を要さないアナログ的な物で、ピストンが爆発により上下する負圧を利用し混合気をシリンダー内に吸い込む方式の物です。天候に左右され、始動性も悪いですが、自分で分解清掃や交換ができるのです。何より良い時もあれば悪い時もあるなんとも人間的な味が好きなんです。

 

前置きが長くなりましたが、そのキャブレターを交換する為にバラバラにしました。

DSC_0692.jpg DSC_0693.jpg

交換するにあたって、いろいろ外さなければならない物、塞がなければならない物、固定しなければならない物、たくさんあり、

一日では終わりませんでした。ああしよう、こうしようと考えながら試行錯誤しながらやり直すのも楽しみの一つです。

 

PICK UP

  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • 店舗情報
  • 協力業者の皆様へ
  • 学生の皆様へ(採用情報)
  • 増木の生い立ち
  • スタッフブログ

PAGETOP