ブログ/不動産/

相田みつを美術館

相田みつを美術館

2019.05.18

    みつをの文字力(もじぢから)

東京国際フォーラム地下1階に相田みつを美術館があります

平成8年銀座に美術館を開館

平成15年銀座から国際フォーラムに移転

相田みつを:書家・詩人 平成3年67歳で逝去

現在は長男の一人氏が美術館を運営しています。

 

IMG_20190517_111726.jpg

 

IMG_20190517_111804.jpg

 

 

IMG_20190517_111831.jpg

 

 

IMG_20190518_124331.jpg

 

1冊の作品集を購入した中から、特に心に留まったページ

解説

感動いっぱい

人間が生きるということは

毎日何かに感動し、感激して

ゆくことだと私は思います。

昨日は気がつかなかったものに

今日は新たな発見をして感動する。

年と共に顔にしわはできますが

こころの中にしわは作りたくありません。

心の中にしわができたとき

人間は感動しなくなるのでは

ないでしょうかー

感動、感激にかねはかかりません

一生悟れなくてもいいから

感動いっぱい、感激いっぱいの

いのちを生きたいと思います。

 

相田みつを氏の楷書の作品もとても素晴らしく達筆で、只々、手本を真似てきれいに書くだけでは

満足出来ず独自の作風を確立していった作品の数々。基本が出来ているからこその作品の数々。

氏の思いの込められた作品の数々。

「 書 」に携わっている者として作品を堪能してきました

 

From   TAMU

PAGETOP