ブログ/住宅/

里山十帖を訪れて

里山十帖を訪れて

2018.03.09

やまぐちです。
先日、新潟県南魚沼市の「里山十帖 created by 自遊人」へ行ってきました。自遊人の雑誌から里山十帖を知り、いつか訪れて自遊人の世界観を見てみたいとずっと思っていました。新潟県なので、今時期は大雪です。館内の周りは雪山のみ。 

DSC01258.jpg

P2232321.jpg

P2232318.jpg
チェックイン時に出てきた自家製のウェルカムドリンクとデザート。

P2242500.jpg
宿泊者専用ラウンジ。築150年の小屋組みが目の前に。小屋組みの見える部分は総欅・総漆。

P2242442.jpg
早朝6時より雪山を昇り、朝日を見に行くスノーシューツアー。

P2252621.jpg 
今回宿泊した別館。蔵をリノベーションした客室。

P2242470.jpg

P2242556.jpg
ダイニングルーム。食のこだわりは食材から感じました。


世の中は、田舎は不便、都会は便利。という考え方ですが、不便でも自然に囲まれ空気も水もきれいな所で暮らすのか、便利で何でも揃うけれど人工的につくられたものに囲まれて暮らすのか、里山十帖はそんなことを考えさせられる場所でした。便利なものに囲まれた暮らしを望む人には、里山十帖に訪れてもただ「高い」「何もない」としか感じられないだろうと思います。

館内はもちろん敷地内全面禁煙、子連れ不可、料金は海外旅行へ行けるかもしれません。それでも予約が取れないほど多くの人が一年を通して足を運ぶその理由は自分で足を運ばなければわかないと思います。

私は四季を通してまた訪れようと思います。きっと見える景色は、全く違うのだろうと今から楽しみです。 

PICK UP

  • お問い合わせ・資料請求
  • イベント情報
  • 店舗情報
  • 協力業者の皆様へ
  • 学生の皆様へ(採用情報)
  • 増木の生い立ち
  • スタッフブログ

PAGETOP