ブログ/建設/建設のゆかいな日常

2019秋 益子

2019秋 益子

2019.11.12

今年も益子陶器市(秋)に家族で来場させていただきました。
 
今年は、開催日目に行ったこともあり、人気の作家さんのテントでは、ほとんど器が
 
なかったり、売り切れたのか、お店が開いていなかったりしているところもありました。
 
 そんな中で今回わたくしはいつもいいなーと立止り眺め、お話させていただいたりした、
 
「ユアン・クレイグ」さんの作品を入させていただきました。
 
ユアンさんは来日して、約30年のオーストラリア出身の方です。
 
日本では、重要無形文化財保持者の島岡達三門下で修業をされたようです。
 
東日本大震災で被災するまでは、益子町に自分で設計した薪窯を作り住まわれておりましたが
 
現在は群馬県みなかみ町に引っ越し、新たなを築いて住まわれているようです。
 
いつも、「ヴィレッジ・ましやま」という場所の同じ場所にテントを構えていて、明るい人柄と
 
作品の明るい焼き上がりが気にいり購入させていただきました。
 
最近はいつも、購入した「お茶碗」で食事をさせていただいており、大変足しております。
 
 陶器市では陶器だけではなく、木製器、布製品・ドライフラワー、アクセサリー等々の
 
作家さんがおり、いろいろな人と直接話し合える機会があったり、毎回刺激を受けます。
 
今回も、大変しむことができました。
 
 
2019.11.11_1.jpg
 
かまぐれの丘
 
 
 
 
 
2019.11.11_2.jpg
 
路地裏テント
 
 
 
 
 
2019.11.11_3.jpg
 
 
 
 
 
 
なるお

PAGETOP