ブログ/建設/建設のゆかいな日常

新しい趣味

新しい趣味

2022.04.21

唐突ですが、私のきな現代短歌の作品を紹介したいと思います!
 
 
 
私もすこし前まで、現代短歌にはまっっったく興味はなかったのですが、
 
 
 
友人から面白さを熱弁され、現代短歌に目覚めたましたので共有しますrecycle
 
 
 
【穂村弘】
体温計くわえて窓に額つけ「ゆひら」とさわぐ
雪のことかよ
 
 
 
【佐藤真由美】
マスカラがくずれぬように泣いている
女を二十五年もやれば
 
 
 
かっこいい......
 
 
 
短歌のいところは気軽にしめるところだと思います。
 
 
 
短歌が扱っているのは言葉なので、音楽や絵と違って専門の知識が無くても理解できますし、
 
 
 
小説などとは違って 5.7.5.7.7の31文字なので、1分かからずに読めます。
 
 
 
そして、31文字という制限があるからこそ、数ある言葉からんだ意味のあるものになります。
 
 
 
なぜこの言葉・言い回しを選んだのか、どんな場面を短歌にしたのか考えながら読むと、とても楽しいですhappy01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やまだ

PAGETOP