ブログ/管理本部/総務のつぶやき

料理は科学

料理は科学

2020.10.02

前回の「栗の渋皮煮」「栗ご飯」「かわじ流heart01山形のだし」など

有難いことに「おいしそうhappy02heart04」とお声を掛けて頂きました

ありがとうございますsign03

(調子に乗って「栗の渋皮煮」第三弾を昨日会社の皆様におすそ分けしちゃいました 笑)

 

 

 

 

 

そんな嬉しい出来事の直後ですが

驚きのおかずが我が家の食卓にあがりました

 

 

 

なかなかグロイ写真です

(苦手な方はこの先に進まないほうがよいです 笑)

いきますよ!

じゃーんっ!

s-IMG_1098_.png

 

 

友達は「草...」と一言だけ返してきましたwobbly

多分、いまどきの子の使う「ww」の意味の「草」ではなく

本当の「草」という意味かと…coldsweats01

(失礼だなっ! 笑)

 

 

 

 

実はコレ

「こんにゃく」と「ごぼう」の煮物なんですsweat01

 

 

 

 

ある道の駅で売っている「手作りこんにゃく」が大好きで良く買うのですが

買った前日に農家さんから掘りたてのごぼうを譲って頂いたので

一緒に煮物にしてみました

 

 

当たり前ですが最初はこんな色じゃなかったんですcoldsweats02

 

 

 

 

見るたびに煮物がapple毒りんご化appleしていきまして...

 

 

 

あまりにも...な食べ物が出来上がったので何が起きたのか調べてみました

 

こんな緑色になってしまった原因は

ゴボウに含まれている「クロロゲン酸」と

こんにゃく製造の際に使用する「石灰(アルカリ性)」の反応なんだそうです

 

 

「ナニこれ~smile」と笑い転げていた甥っ子が

「料理は科学ってコトだねpencil」と真顔でごもっともな意見をgawk

 

 

 

 

こんな色をしていますが

不思議なことに(当たり前なんですが!?)

味は全然普通なんです

 

美味しいんですsign03

 

でも五感って本当に大切だな~と感じた出来事でした

 

 

今度こそは味噌づくりがUPできるかな!?

ラペのママ

PAGETOP