ブログ/あすか住まいる館/

結晶塗装

結晶塗装

2019.05.08

どうもみつおです。

 

私事ですが、朝霞営業所から東京本店異動いたしましたが、今まで以上に元気です。

 

毎度お馴染みのバイクブログですが、今回は結晶塗装に挑戦してみました。

結晶塗装とは、塗装表面が独特の結晶模様(ちぢみ模様)を形成する特殊な塗料です。

一般的に自動車のエンジンヘッドカバーやインテークマニホールドに使われる塗料です。

タペット音などを軽減させる効果が期待でき、見た目が大変お洒落な塗装です。 

 

独特な結晶模様を出すには、塗料塗布後、約120°で20分~30分、窯で焼付けを行わなければならないのですが、

当然そんな窯などないので、ヒートガンで熱する事で代用する事にしました。

塗装するには下地処理と脱脂が重要となる為、400番の紙ヤスリで目荒しし、中性洗剤で脱脂処理してから

よく乾燥させて、塗料がついてほしくない部分をマスキングし、プライマーを塗布。

よく乾かしてから、結晶塗料を3回程にわけて厚く塗布します。

塗布後10分程自然乾燥させてから、ヒートガンで熱したものがこちら↓

DSC_0978.jpg

塗布する塗料の厚みや、自然乾燥させる時間によって、模様の細かさが変わってくるようですが、基準がわからない為、良しとします。

 

↓塗装する前の状態

DSC_0883-2.jpg

 

↓塗装後に取付けるとこうなります

DSC_0979.jpg

 

我ながら中々の出来で塗装できました。

結晶塗装やみつきになりそうです。

PAGETOP